記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤、黄、緑のプレート

chilibeans_Picture-083.jpg

赤、黄、緑とまるで信号機のようですが、色がとってもきれいだったので
記事にしちゃいました。

赤=ベジタリアンチリビーンズ
黄=コーン入りポレンタ
緑=蒸したケール

ふつうのチリビーンズは牛肉と唐辛子で作りますが、お肉の代わりにセイタンと
唐辛子の代わりにジンジャーでスパイシーさをだしてみました。
唐辛子のスパイシー、大好きなんですけどね。でも唐辛子って実は体を最終的には
冷やしてしまうんですね。その点しょうがは体を温めて、それを持続させてくれるので
冬場はできるだけ唐辛子よりもしょうがを使ってスパイシーさを出すようにしてます。

ポレンタはとうもろこし粉を練ったものです。練った後、そのまま食べても
いいし、すこし冷やし固めてそれを焼いても美味しいし、食べ方も自由自在でしかも
簡単にできるので、最近良く作ります。

そして、ケール!ケールって今まで体に良いからたべなくちゃ、、、って無理して食べて
いたんです。でもケールって調理法によってはすっごく美味しいんですね!
特に冬の今、ケールのベストシーズンだからますます甘みがあってオイシイ!
さておいしい調理法のコツとは。。。

普段よりちょっと長めにケールを蒸す!(ゆでるより蒸すほうが断然美味しいです!)

ただそれだけです。コツというほどのことでもありませんでしたね。
今までは、クッキングクラスで学んだ通り、ケールなどのグリーンをクックするときは
加熱時間は短く、さっとブランチ(湯通し)するだけにとどめていました。
でも、これだとまだケールが硬くてしかも甘くないのです。。。
ビタミンやエンザイムのことを考えると加熱時間は短めのほうがいいのかも
しれませんが、やっぱり美味しく食べたほうが良いに決まってます(よね?)。
というわけでケールはちょっとクタッとさせるのが私流です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。