記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お寿司のクラス

NYもようやく梅雨が開け(日本の梅雨並みに今年は雨がたっくさん降りましたよ。)
暑い夏がやってまいりました。

暑くなるとさっぱりしたものが食べたくなりますよね。暑くなると玄米もちょっと重く感じられます。
でも、暑いときこそ穀類をしっかりたべなくては夏ばての原因にもなります。だから、そんなときには
玄米をお寿司にしちゃうと、わりとあっさりたべられますね!

今回のメニューは以下のとおりです。
  ★ 玄米太巻き (ボリューム満点の1品!)
  ★ 玄米カリフォルニアロール (海苔巻きの裏巻きバージョン)
  ★ 玄米テンペの海苔巻き (素揚げにしたテンペをまいたのり巻き)
  ★ 玄米稲荷寿司 (普段とちょっと違った食材を詰めてみました)
  ★ スイートコーンチャウダー (コーンの甘みを生かしたスープ)
  ★ ダブルミルクのパンナコッタ (乳製品が入ってないのにふんわりとろ~りの食感)

071109_1.jpg
★手前左から玄米いなり寿司、玄米太巻き、玄米テンペロール、玄米カリフォルニアロール、
野菜だけ巻いたベジタブルロール

今回のお寿司の酢飯には梅酢のみを使用して、甘味料は一切使用しませんでした。理由は
梅酢の酸味と塩味が玄米の甘みを引き立てるので、甘味料が入らなくても十分甘みを感じる
ことができるのです。余分なものは引き算すると手間も省けるし、味もすっきりとしていいこと
づくしですよね!

ちなみに梅酢は酢の中でも唯一アルカリ性の食品です。他の酢はすべて酸性食品にカテゴリー
されています。酸性が悪い!というわけではないのですが、私たちが一般的に好むもの
肉類(豚肉、牛肉、鶏肉等)、魚類、卵、砂糖、穀類(米、酢等)パン、はすべて酸性食品
に当たりますので努力しなくても十分に摂取できます。。逆にアルカリ性食品は野菜、海草、
きのこ、大豆などです。というわけで、体の中の酸とアルカリのバランスを保つためにも努めて
アルカリ性をとったほうが良いというわけですね!
また、梅酢には強い殺菌作用があるので、夏の暑い日のお弁当のおにぎりは梅酢を手水にして
作ると腐敗防止にもなります♪

071109_6.jpg
★コーンチャウダー
4本のコーンを使い2本は実を削いで、2本は擦って中に入れ
実を取った芯は出汁として一緒に煮込み、仕上げに白味噌で味を調えました。
コーンのうまみがたっぷ~りの甘いスープでした。決め手はやはり摩り下ろした2本の
コーン!これは面倒でもブレンダーを使わずに、生徒さんに手で擦ってもらいました。
擦る人のやさしいエネルギーが入ったやさしい味のコーンスープ。時間はかかっても
時間をかける甲斐のある味に仕上がってました。

071109_8.jpg
★ダブルミルクのパンナコッタ
 ココナツミルクとソイミルクの2種類のミルクが入った一般的なパンナコッタに劣らない
濃厚な仕上がりです。 葛と寒天でゆるく固めて、アガベで甘みを加えたやさしい味のパンナコッタになりました。

みなさんと楽しく作ったお料理は、また一段と美味しく感じられます。
ある会社にお勤めの生徒さんが「クッキングはセラピーですよ」とおっしゃっていました。
味覚、嗅覚、視覚という感覚を使うクッキングは日常の煩雑な事を忘れさせてくれるので
自炊したときはすごくスッキリなさるそうです。
たしかに、毎日のことで面倒くさいなぁとおもってつくるのではなく、
「クッキングはセラピーだわ♪」
と思って料理をするとお料理がまた一段と楽しくなりますね!

今回作ったお寿司は i see NY にも掲載されていますので、お教室に参加できなかった
方もぜひ参考にして作ってみてくださいね!

スポンサーサイト

コメント

お疲れ様でした~!

登場人物の一人です。(笑)
ついに書き込みデビュー♪

ずーーっと気になっていたレーズン稲荷が味わえて良かったです。中身を五目寿司(レーズン+ベジ4種類?)にしても良さそうですよね。
あと、実はつまみ食いしたテンペが結構個人的にヒット。

興味深い事に、全然マグロとか魚介類が無くても恋しくならなかったですね。逆に食後の食べ過ぎて「う”~」っていう感覚の代わりに来る満ち足りたような満足感。

パンナコッタも旨かった!昔のクラスのレシピを紐解いていくと、キャロブソースでもされていたんですね!それも興味津々です。

またお願いしますね~!

美味しいそうなお寿司達ですね!
コーンチャウダーはコーンを手で擦って入れたものなんて。。。。。いつもブレンダーを使ってしまうので今度ひと手間かけて作ってみようと思います。

韓国にも海苔巻き(太巻き?)があります。
ご飯は酢飯ではなく普通のご飯で作ります。
野菜巻きやキムチが入ったものや海苔のかわりに卵の薄焼きでくるんだもの等々色々あります。韓国海苔巻きのポイントはエゴマの葉が入っていることころです。エゴマの葉は少し癖があるので好き嫌いがあると思いますが、慣れてくると入っていないと寂しい感じがするんですよ。

Re: お疲れ様でした~!

Kazoonce'さま

コメントありがとうございます~。
今回はKazoonce'さんをちゃっかり登場させてしまいましたよ♪
Kazoonce'さんの裏いなりが個人的にはヒットでしたよ!個性がきらりと光る一品でしたね!
テンペの素揚げいけますでしょ!あれをつまみに夏はビールがおいしいですね。笑)

そう、キャロブソースも結構合うんですよ。
キャロブソースのレシピお送りしますね!

Re: タイトルなし

Noritamaさん

なるほど~、韓国の海苔巻きはすし酢が入っていないんですね!通りで日本の巻物よりもあっさりと
食べれるような気がしていました。
海苔の代わりに卵で巻いたりしているものがあるんですねー。こちらは結構のりが苦手な人が多いので卵の海苔巻きだったらうけそうですね!
えごま、大好きです!
今度葉韓国風海苔巻きを作ってみたいと思います♪

こんにちは。
今月は参加できず残念でしたが
おいなりさん大好きなので
i see NY 見て作ってみます♪

それから、次回のレシピはUPは
パンナコッタ希望です(^^)

Re: タイトルなし

けいさん

こんにちは!
リクエストありがとうございました。パンナコッタですね!
今回のお寿司のクラスはリピートクラスだったので果たして
I seeさんにレシピを載せてもらえるかどうかまだわからないのですが
載せてもらえる場合はパンナコッタにしますね!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。