記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

半断食ワークショップ

日本に帰省中に母と一緒に一泊二日の半断食セミナーに参加しました。

場所は、広大な高原の熊本県阿蘇の小国町というところで行われました。

Picture 106
広々とした高原で深呼吸をするだけで体が浄化されるような気分です。

阿蘇とは語源的に「あ」は原点、「そ」は回帰を意味するそうですが、その語源のとおりに
阿蘇に来るとなんとな~く懐かしい気分になります。

小国は杉の木が有名だそうで、宿泊した施設も地元の杉の木でつくられていました。
Picture 069

今回の半断食は大高酵素という酵素飲料を飲みながら血糖値を安定させて行うといったものです。

Picture 064
2倍に水で希釈してある大高酵素のペットボトル。
1日4回100Mlの大高酵素の原液が支給されますが、それでも小腹がすいたときはこの希釈された大高酵素を
飲みます。
大高酵素とは数十種類の野菜や果物からできる発酵飲料です。味はとても甘くてにおいは
らっきょう漬けのようです。でも、癖になる味で私は結構好きなのですが、この味がどうしても
受け入れられない人もいるようです。しかし先生がおっしゃるにはこの味が受け付けないのは体の
機能が弱っている証拠で、飲んでいると受け入れられるようになるらしいですよ。

Picture 063
『蚕虫華草と』いう水抜きのための顆粒のお薬
半断食中は水分が多くなるので水毒にならないようにと1日2袋配給されます。

このほかに塩抜けを予防するため常時『 梅醤・鉄火味噌 ・黒ごま塩 』が用意されていて
塩気が足りないな?と思ったときに適量を摂ってもいいということです。

酵素断食は過去に一度やったことがありますが、そのときは空腹に必死で耐えていた覚えがあるので、実は今回もちょっと不安なのでした。。。
が、今回の半断食は3時間置き支給される酵素ドリンクで全然おなかが減りません。
しかも、先生方の『断食の効用』や『冬に向けてのセルフケア』などの講座もあり、お話がおもしろくてむしろ
ハイ~な気分に♪

阿蘇に移住して専業農家になった女性のお話もありました。
Picture 062
彼女が完全オーガニックで育てた野菜たちです。
「自分の畑の土はたべても大丈夫」なくらい安全で愛情をかけ育てていらっしゃるそうです。
彼女もお料理好きが高じて、農業の道へ入られたそうですが、自分で作った作物をお料理できるなんて最高ですよね!
私もいつかは阿蘇の地で農家もいいなぁ、と思ってしまいました。

Picture 075
講座の後は温泉タイム♪隣接する温泉施設『博士の湯』は温浴効果の高い炭酸水素塩泉です。
思ったよりもぬるくて、ずいぶん長いこと入ったのにのぼせません。
この日はこの秋一番の寒さといわれるほど寒かったので、湯冷めするかと思ったらさすがの
温泉効果ですね。
出た後も体の芯までポカポカ~ですよ。

Picture 072
夜は玄米甘酒をのみながらのコンサート&懇親会でした。
甘酒もまた半断食中の体の浄化を促す飲料なのです。

翌日は朝から広場で太極拳をやりました。
胃が疲れてないせいか朝もすっきり起きれました。
食べないことの「幸せ」ってこういうときに感じるのでしょうね。

人間は胃からの栄養分が少なくなると体全体で大気のエネルギーを吸収しようとする効果が高まるそうです。
目に見えない大切なエネルギー、太陽のエネルギーや大気中の澄んだ空気のエネルギーがいっぱい体に入ってくる
ようです。
Picture 081

それから阿蘇の大地をみんなでハイキングしました。
Picture 094

パワースポットといわれる押戸の石にも行きました。
この石は男性と女性の象徴を表わしてあるものなのですが、この女性の象徴を通りながらお願い事をすると
叶いやすいそうです♪

Picture 107

1日半という酵素を飲みながらの軽~い断食でしたが、思いのほか効果は大きかったです。

まずお肌のツヤ!NYから帰国直後のお肌は長時間のフライトのせいもありますが
乾燥してばさばさだったのですが、その肌にツヤがもどったのですよ。
魚でも米でもなんでも鮮度のよいものは光るといいますが、人間の肌もちょっと胃腸をお休みさせるだけで鮮度を取り戻すようです。
人間の腸の状態は皮膚に反映されることを実感!ですね。

お次はお母さん、
毎日マンションの5階まで健康のためにと階段を使っているのですが、3階までくると
心臓が痛くなったり、息が切れたりで一休みしなくてはいけない彼女が、ノンストップで
5階までスイスイとあがれたのです。
これには驚きました。

このプチ断食は満月と新月の日にするのが最も効果的のようです。
満月と新月の2日間、夜だけスキップするだけで1年間に24回になりますから、それだけで8日間
断食をしたことになりますよね。
8日間の断食は辛いですが、月2回夜だけ断食はできそうな気がしませんか?

ちなみに次回の満月は12月2日です♪

12月には甘酒でする簡単プチ断食講座も企画してみたいと思います。
ご興味のある方はぜひ参加してくださいね♪



スポンサーサイト

コメント

阿蘇っ!!

ご無沙汰しております。

各地でアクティブに活動なさっている奈津子さん、拝見しているこちらまで元気をもらっているみたいですv-91

実はうちの母方の祖父母が阿蘇の産山村という所に住んでいます。阿蘇山と九重山の間にひっそりとある村です。夏の高原は素晴らしいですよね。

色々とバタバタしておりますが、ブログの写真一つ一つを眺めてはヨダレをフキフキ…(失礼)。また近いうちにお邪魔したいですね。

時差ボケとか大変かも知れませんが、どうぞご自愛の程を。

Re: 阿蘇っ!!

かずんせさま~

そうですか!かずんせさんのご祖父母さまは阿蘇にお住まいなのですね。夏の阿蘇は最高ですよね~。わたしも大好きです。

バタバタがひと段落したらまたクラスにも来て下さいね!
お会いできるのを楽しみにしています♪

NoTitle

今日もお教室で大変お世話になりました。
このブログを先に見ておいたら、さらにお話が弾みそうでしたよ。阿蘇、雄大なところですねえ。ぜひ行ってみたいです。たった一日半の断食でも大きな変化があるのですねえ。
私も今年は大なり小なりの断食をして、胃腸を休ませる大切さを実感しました。月に2回のプチ断食でも、長い目でみたら大きな効果があるでしょうね。
毎日働いてくれる胃腸さんに感謝ですね。
素敵なレポートをありがとうございました。

Re: NoTitle

万葉さま
こちらこそ、お教室に来てくださってありがとうございました。
今日もまた、個性豊かなメンバーさんたちの集まりでとっても楽しかったですね♪おそらく
私が一番楽しんでいたようです。笑)
ほんとうに毎日働いてくれる胃腸さんに感謝!ですよね。
阿蘇でのプチ断食は、阿蘇という土地がまた効果を高めてくれた気がします。
ほんとに素晴らしいところですのでぜひお母様と一緒に行ってみてくださいね♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。