記事一覧

冬のイタリアン

暦の上ではもう春ですが、2月にはいってまた雪の日が多くなってまいりましたね。

今日もまた雪がしんしんと降っています。

そんな寒い日にとってもぴったりのメニュー『冬のイタリアン』クラスが始まりました。

NatsukoSî#181;£êsìüS+ë#181;ùÑ100
Photo by ICHIRO
☆味噌のバーニャカウダ
 『バーニャ=ソース』
 『カウダ=熱い』
 で熱いソースという意味でこの名前がついたそうです。普段は蒸し野菜にかけて食べたりするのですが
今日はほかにオーブン料理など熱がこもる料理が多かったため、スティック野菜でサーブしました。
このソースで食べると野菜の甘みがさらに引き立ちます。だいこん、にんじんの甘いこと甘いこと。

tempe tender
Photo by ICHIRO
☆テンペ・テンダー
 テンペ(大豆の発酵食品)をマリネしたものにパン粉をつけて表面をかりっと焼きました。
 揚げるというよりもちょっと多めに入れた油で焼くように仕上げました。
 テンペの食感がちょうどチキン・テンダーのような感じです。外はさくさくなかはやわらか~♪

NatsukoSî#181;£êsìüS+ë#181;ùÑ118
Photo by ICHIRO
☆テンペ・パルメジャーナ
 テンペ・テンダーの応用編です。
 テンペ・テンダーにキャロットビーツソースと自家製ヴィーガンチーズをかけてオーブンで焼きました。
 ビーツは食べる血液といわれるくらい鉄分が豊富な根菜です。特に貧血気味の方にはおすすめです!
 
NatsukoSî#181;£êsìüS+ë#181;ùÑ132
Photo by ICHIRO
☆きのこのピッツァ 
 野菜味噌ソースの上にポルタベロマッシュルームやクリミニマッシュルームをふんだんに入れて焼き
 リーフィーベジタブルをのっけてできあがり♪
 味・テクスチャー・ヘルシー度どれをとっても満点です!

NatsukoSî#181;£êsìüS+ë#181;ùÑ139
Photo by ICHIRO
☆ブロッコリーのクリームパスタ
 ブロッコリーを丸ごと使ってクリームソースを作って、パスタに和えました。
 「乳製品が入っていないとは思えない!!!」とおっしゃる方もいるくらい、コクがあるクリームパスタです。

NatsukoSî#181;£êsìüS+ë#181;ùÑ178
Photo by ICHIRO
☆ブラック&ホワイトセサミ ビスコッティ
 ゴマの香ばしい香りがあと引くおいしさです。三年番茶にも良く合います♪
 
どれも今晩の夕食にすぐに使えるメニューばかりです!
リピートクラスも考えておりますので、ご興味のある方は naatu725☆gmail.com ☆を@に変えてご連絡くださいね。

近日中にI see NYにレシピもアップする予定です♪




スポンサーサイト

コメント

No title

どのメニューもとてもおいしくて、試食の際は一気に食べてしまいました♪
今日は良い根菜と葉野菜を買えたので、明日の夜にきのこのピッツァとバーニャカウダを作ろう
かなと思っています。イタリアンだと冷やすイメージがあったのですが、奈津子さんのこのレシピ
だと暖まりそうです。いつも教えていただいてありがとうございます♪♪

No title

いやぁ、ホント、どれも驚くほど美味しいですよね。
いや、なっちゃんのお料理は、今さら驚くこともないと思うのですが(いつも美味しいので)、
それでも驚いてしまうのは、やっぱり常になっちゃんが織り成す新鮮な味の組み合わせ・・・ですかねー。
いつもご馳走様です~~!!! 

No title

どれも美味しそうですね~~~。ブロッコリーのパスタは我が家の娘の好物ベスト3に入りますが、クリームパスタにした事はないので今度試してみます♪それにしてもICHIROさんが撮るとまるでお野菜がまだ生きているよう!!!

Re: No title

Michikoさん♪
先日はクラスに来てくださってありがとうございました。
良い根菜と葉野菜 サウンズグッドですね!さっそく試してみてくださいね。
イタリアンって作るのも楽しいし食べるのも楽しい!
それだけで元気になっちゃいますよね♪

Re: No title

雅子さん

お褒めのお言葉ありがとうございま~す。
雅子さんにはいつも優しい言葉を頂いて、そのおかげで日々成長していると思っています。笑
やっぱり褒められて育つタイプなんですね、わたし。
これからもどうぞよろしくお願いします~。


Re: No title

Pineslakeさま

ありがとうございます。
そうですか、お嬢様もブロッコリーのパスタがお好きなのですね。
ブロッコリーのうまみで余分な調味料が要らないところがわたしも気に入っています。
いちろうさんの写真はほんとに素晴らしいですよね。バックに茶色を持ってくるという
小技もシブイですよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ