記事一覧

バレンタイン・ディナー

先週の日曜日はバレンタインデーでした。

アメリカではバレンタインデーは、日本のように女性が男性にチョコレートをあげるというよりは
日ごろ大切に思っている人に感謝するという意味合いが強く、むしろ男性が女性に花束やプレゼントをあげるほうが一般的のようです。
ということで、バレンタインは久しぶりに『ビストロ・グレッグ』でのディナーとなりました。
ココ最近ずっと魚介類を食べていなかったので、リクエストはシーフードイタリアンにしてみました。

まずAperitifには
IMG_0556.jpg
★Pomegranate Spritzer  
 女性に良いといわれるざくろとブルーベリーのジュースのスパークリングウォーター割り

IMG_0559.jpg
★Pan-seared Scallops with Cremini Mushroom Gravy
  ホタテの外側を香ばしくソテーした上にはマッシュルームのソースが乗っかってます。ソースはコクを出すためにアースバランスという大豆から作られている植物性バターが使用されています。外側を焼いてあるせいかホタテのうまみがぎゅっと詰まって、コクのあるマッシュルームのソースがホタテの甘みを引き立てる1品でした。

IMG_0561.jpg
★Crostini with Caramelized Onions, Shrimp, and Brushetta
 カリカリに焼いたフランスパンの上にはよくソテーして甘みをだしたオニオンとえび、そしてトマトとたまねぎとベルペッパーとバジルのBrushetta が乗っています。Brushettaがすごく甘くてびっくり~!でした。うちには砂糖は置いてないし、何でこんなに甘いの?!とききましたら、
隠し味は「愛」だそうです。やっぱりね★笑

IMG_0566.jpg
★Wild Shrimp, Brocolli Rabe sauteed in garlic and extra virgin olive oil, and Roma Tomato Basil Sauce
 オーブン焼きしたワイルドシュリンプにブロッコリーラブのガーリック炒めと、トマトとバジルのソースです。
 こちらのコンビネーションもなかなかのものでした。

私の今回のもうひとつのリクエスト手打ちパスタだったのですが、時間切れで今日は作ってもらえませんでした。。。
残念。。。

IMG_0567.jpg
★Pignoli Amaretti (Pine Nut) Cookies
しめはパインナッツのクッキーと穀物コーヒー
近くにあるイタリアンペイストリーで買ってきてくれたものですが、これが危険なほど美味しいです。
見た目は固そうに見えますが、外はさくさくなかはしっとりChewyです。

ビストログレッグ次回はいつオープンしてくれるか楽しみです♪
スポンサーサイト

コメント

ご主人サイコー!!

むちゃくちゃ本格的じゃないですか!!グレッグさんも奈津子さんから影響受けて、ヘルシーでおいしいご飯を作るようになったのでしょうか。すごいすごーいっ!!
しかしこっちのバレンタインって、男性がほんとに頑張ってくれますよね~。感謝感謝。

Re: ご主人サイコー!!

竹やんさん

けっこう本格的でしょ。美味しく作ってもらって嬉しい反面、悔しいきもする(ついライバル視してしまいました。笑)ディナーでしたよ。
今度、みんなで集まったときにでもまた作ってもらいましょうねー♪

No title

すっごーい! 話には聞いてたけど、写真で見るとより豪華~~♪
グレッグちゃん、高ポイントだね?(笑)
いやぁ、グレッグちゃんみたいに、イケメン+料理のできるダーリン、なかなかいませんよね?(笑)

Re: No title

雅子さ~ん
お料理は好きですけど、作ってもらうお料理って格別ですよね。
次回のビストロ・グレッグが開店のときはぜひ一緒に食べましょうね♪

No title

一度ピッツァリア・グレッグにお邪魔したことありますが、最高でしたねぇvv
ビストロ・グレッグも美味しそう!!
そしてブルスケッタの「なんでこんなにスウィートなの?」「それは愛が調味料なのさ(脚色してみました(笑)」って、ラブすぎますねv-10
いつかカクテルバー・ケーシーにもきてやってくださいねw

Re: No title

ことり様
あははー、脚色してくださいましてありがとうございました~。
実際は、そんなにラブなシーンでは全然無いのですけどね。笑
カクテルバー・ケーシーとビストロ・グレッグのコラボなんてのもいいですね♪
こんど彼らにやっていただきましょう!!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ