記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレンダー

ブレンダーの値段もピンきりで安いものは10ドルくらいで買えるし、高いものになると
300ドル位しますね。
よく「どのブレンダーがお薦めですか?」という質問をされますが、もちろん高いものは
やっぱり使い勝手が良いですね。パワフルだし、ヘビーユーズにも耐えます。
でもお値段がねぇ、高いのでお薦めするのもちょっと気が引けます。それに高いものは
確かに性能もよいですが安いものだって結構いい仕事しますし十分に事は足りるんですよね。
ちなみにいま我が家にいる、ブレンダーたちを紹介します。

DSCF1310.jpg

これは1カップ半用の小さいやつでお値段は12ドルくらいで近くの雑貨屋で購入したものです。
少な目のソースやドレッシングは逆に大きいブレンダーではちゃんと混ざらないですし(洗うのも大変なので)もっぱらこのちびブレンダーを使います。また、ナッツ類などをクラッシュするときにも利用してます。ナッツなど固いものはブレンダーの刃にダメージを与えるんですけど、このブレンダーだったらダメージを多少受けても惜しくないですもんね。笑)

DSCF1309.jpg

ハンドブレンダーでお値段は20ドルちょっと。これも近くの雑貨やで購入しました。ホイッパーもついているのですが、我が家はホイップするようなものはないので活用したことがありません。このハンドブレンダーが一番活用度が高いです。野菜を煮込んでそのまま鍋の中にハンドブレンダーを入れてまわせば野菜のポタージュができちゃうし、お菓子に使うお豆腐のピューレも簡単にできちゃいます。
なんといっても洗うのが簡単!これ1台でとっても重宝しています。

DSCF1304.jpg
これはCuisine Artの14Cupの大きいブレンダー。Bed &Bathで購入でお値段300ドルくらいでした。
ほとんど使っていません。。。
はっきりいってこれはキッチンのオブジェとなってます。
理由はなんか使うのがもったいない(きれいだし汚したくない~貧乏性?)のとまぁ上の二台で
十分に事が足りるからです。
ちなみに同じ14Cupの古い型のCuisine Artもあるのですがそれは今はお蔵入りしてます。
このCuisine Artはレストランでも使っていますが、すごい優れものです。かなりガンガンにつかっても
壊れません。

総合的にみてみますと、断然小さいブレンダーとハンドブレンダーがお薦めです♪

まだブレンダーを一台も持っていなくてこれからほしいと言う方はCuisine artの小さいブレンダー
とハンドブレンダーのセットというのもありますのでそれを購入されるのもいいと思いますよ。
スポンサーサイト

コメント

かなり参考になりました!!

ブレンダー、いつか欲しいと思っていたんですが、クイジナートは高いよなぁ。。なんて、買い控えて早数年、、。このブログを読んで、決心!わたしも、キッチンのオブジェにしてしまいそうなので^^,小さめでリーズナブルなブレンダーを買うことにします♪♪

よかった!

クイジナートって本当に高いよねー。
うん、うん。小さいやつでも全然問題ないと思いますよ!っていうか少量だったら小さいほうが全然使い易いしね!お役に立ててよかったですー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。