記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏やかな穀物甘味料~ブラウンライスシロップ~

Brown rice syrup(ブラウンライスシロップ)とは玄米を発酵させて作られたものです。

ここで糖類についてちょっとだけ…

糖分は大きく多糖類と単糖類の2つにわけられ、ブラウンライスシロップは多糖類で一方単糖類の代表は白砂糖です。
単糖類の白砂糖は分子が小さいので、短時間で体に吸収されます。そのため急激に血糖値が高まり、それを下げようと、すい臓からインシュリンが分泌されます。しかし変化が急なためにすい臓が過剰反応して、血糖値が下がり過ぎてしまう。そして今度は下がりすぎた血糖値を上げようと、ホルモンのアドレナリンが分泌されます。血糖値が短時間で急激に上がり下がりとジェットコースター状態になるんですね。そしてアドレナリンは私たちの身体を高いストレス状態にして、その結果白砂糖を食べた後すぐにイライラして、また甘いものがほしくなってしまうというサイクルに陥ってしまうということから「白砂糖は麻薬より怖い中毒性がある」といわれるゆえんなんかもしれませんね。

一方、多糖類からなるブラウンライスシロップは分子が大きいために、消化のプロセスで時間をかけて分解され、血液にもゆっくり吸収される。だから血糖値を急激に上げることは ないのです。また、麦芽糖や複合炭水化物、ビタミン、ミネラルといった本来穀物が持っていた栄養の大部分が残っています。体内でゆっくりと代謝されて少しずつエネルギーに変わっていくため、気分が上下するのも少ないです。

ブランドによって味も甘さの度合いも若干違ってきますが、一般的に穏やかでまろやかな甘みなので、いろいろなデザートに幅広く使えます。
甘味は砂糖の1/2の甘さです。


DSCF1306.jpg
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。