記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野菜のお菓子クラス

今回美味しいスイーツにこのお野菜たちがどのように変身してくれるのでしょう♪
natsuko5-29-10-005.jpg
Photo by Ichiro
上から人参、ビーツ、ルバーブ、ヤム

ニンジンは・・・
natsuko5-29-10-082.jpg
natsuko5-29-10-074.jpg
Photo by Ichiro
☆キャロットカップケーキ
 皮ごと摩り下ろしたニンジンをふんだんに入れるのでニンジンのほのかな甘みとしっとりとした食感が楽しめます。
 アイシングには豆腐で作ったホイップクリームを塗りました。



ビーツだと・・・
natsuko5-29-10-108.jpg
natsuko5-29-10-128.jpg
Photo by Ichiro
☆Lady Devil's Food Cake
 ココア×コーヒーの真っ黒のケーキをアメリカではDevil's food cake(悪魔の食べ物ケーキ)といいますが
アイシングがかわいいピンクですから小悪魔の食べ物ケーキとでもいいましょうか。
生地の部分はビーツと穀物コーヒーとキャロブパウダーで作りました。
ビーツは食べる血液といわれるくらい鉄分が豊富で独特の甘みと味があります。この個性的なビーツとよく合い、味をいかしてくれるのが穀物コーヒーとキャロブパウダーです。ビーツ、穀物コーヒー、キャロブという個性的な食材はがぶつかるとこうも調和しあうのかと思うくらい三位一体の味をかもし出してくれます。

ルバーブでは・・・
natsuko5-29-10-028.jpg
natsuko5-29-10-114.jpg
Photo by Ichiro
☆ストロベリー・ルバーブコブラー
ルバーブとは蕗(ふき)のようなお野菜で、とっても酸っぱく食物繊維が豊富です。今回はストロベリーと一緒に煮て甘酸っぱいフィリングを作りました。その上に柔らかいクッキーのような生地をかぶせてオーブンで焼きます。
ルバーブの酸っぱさが、甘いコブラー生地にとてもよく合うさわやかなスイーツです。

ヤムは・・・
natsuko5-29-10-066.jpg
Photo by Ichiro
☆ヤムのソーダブレッド
ヤムとはさつまいもの一種ですが、日本のさつまいものようにほくほくした感じではなく、ネットりとした
食感のお芋です。
焼いたヤムを入れたベーキングパウダーとソーダで作る発酵なしのクイックタイプのブレッドを作りました。ヤムを入れることでもっちりフワフワパンになりました。

たまねぎは・・・
natsuko5-29-10-092.jpg
natsuko5-29-10-097.jpg
Photo by Ichiro
☆たまねぎとごまのさっくさくクラッカー
 たまねぎのほのかな甘みとごまの香ばしさが美味しいクラッカーです。材料もシンプルでとっても簡単!
 Hummusなどのディップにも良く合うクラッカーです。

参加してくださいました皆様ありがとうございました。
今回はこの中から2レシピを近日中にwholesome cooking にアップしますのでそちらもあわせてみてくださいね♪


スポンサーサイト

コメント

No title

Natsukoさん、こんにちは。
ビーツのアイシング、すっごいきれい!!
私、おととしだったかな。
初めてビーツをサラダにして食べましたが本当に凄い色で驚きました。

我が家はたまにケールをチップスにしておやつに食べています。
子供たち、凄い食べるんですよ(笑)

Re: No title

Erinaさん

ビーツってすごく発色が良いですよね~♪
少し入れるとほのかなピンクですしたくさん入れるとショッキングピンクになるので
好きな色に遊びながら作ったりしています。
意外とショッキングピンクが小さい女の子に人気です。
加熱したビーツもしくはビーツジュースをクリームに投入するだけで簡単にできるんですよ♪
ケールのチップスもお嬢様たちに気に入っていただけて嬉しいです!

No title

はじめまして。小島聖さんのブログで、こちらのブログを知りました。
このお野菜たちが、こんな素敵でカワイイおやつにるなんて!うっとり何回も見ました。あぁ~。Natsukoさんのお教室に行ってみたい~。

Re: No title

ヴィヴィアンさま

コメントありがとうございます!
ぜひNYに来られる機会がございましたらお教室に参加してみてくださいね♪
お会いできるのを楽しみにしています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。