記事一覧

小豆のおやつ

8月のお教室のテーマは「小豆」を使ったおやつです。

小豆は体の余分な水分を外に排出してくれる効果があります。
体がむくみやすい夏場にはもってこいの食材です♪

また小豆は腎臓の「食薬」と言われるように腎臓を強化してくれます。
昔は毎月1日と15日(旧暦で新月と満月にあたります)に小豆を食する風習がありましたが
これは満月と新月は女性ホルモンが一番活発になる時期で、女性ホルモンの機能をつかさどる
臓器が腎臓なのですね。
小豆を食べる事によって腎臓を強化し女性ホルモンの働きを順調になることで、女性の体の
調子が整うというのを昔の人は知っていたのでしょうね。

さて前置きはこれくらいにして今回作ったメニューです♪

☆水まんじゅう
 葛と寒天を材料に生地を練り上げた中にはこしあんをいれました。
8.15.10.Natsuko 098
Photo by Ichiro

8.15.10.Natsuko 101
Photo by Ichiro

☆小豆のクリームあんみつ
 穀物コーヒーで作った寒天の上には小豆ココナツのホイップクリーム、小豆あん、白玉団子、クコの実をトッピングしました。穀物コーヒーのほろ苦さとマイルドなホイップクリームと甘~いあんこがマッチします。
8.15.10.Natsuko 120
Photo by Ichiro

8.15.10.Natsuko 111
Photo by Ichiro

☆小豆ココナツホイップ・バナナクレープ
 スペルト小麦で作ったクレープ生地の中にはバナナと小豆ココナツホイップクリームがたっぷりと入っています。小豆とバナナがココナツの仲介でとっても仲良しになったようなクレープです。
8.15.10.Natsuko 125
Photo by Ichiro

8.15.10.Natsuko 139
Photo by Ichiro

☆抹茶小豆の蒸しケーキ
 抹茶のほろ苦さと小豆の甘さが最高です!抹茶×小豆はやはり王道コンビネーションですね。
 蒸す事によってふっくらやわらかな生地の蒸しパン風ケーキにしあがりました♪
8.15.10.Natsuko 145
Photo by Ichiro

8.15.10.Natsuko 160
Photo by Ichiro

☆小豆玄米おこわ
 もち玄米でつくる小豆のおこわです。今回は圧力で炊く方法と炊飯器で炊く方法の2種類ご紹介しました。
 最近発見したのですが、小豆ご飯にしょうゆをたらすとなんと!卵かけご飯の味になってしまいます!!
 ごま塩が飽きたらぜひ試してみる価値ありますよ~。
8.15.10.Natsuko 180x
Photo by Ichiro

参加してくださいました皆様ありがとうございました。
そして、素敵な写真を撮ってくださったichiroさんありがとうございました。

このメニューの中からi see NYにもレシピをアップしますので、お見逃しなく~♪



スポンサーサイト

コメント

小豆Sweets

こんばんわ、ナツコさん♪小豆でこんなにも幅広いDessertがマクロビで作れるとは。すべて大変おいしそうですが、得に”小豆ココナッツWhipバナナCrape”は今すぐ食べたいです!Dinner後ですが、ぺロット食べれそう。そば粉でCrapeを作ろうと計画中でした。小豆ココナッツWhip作りたいですねー。これもレシピにのせていただけたらありがたいです。小豆とは20代は興味なしでしたが、最近小豆クリームあんみつを作ってみようと思っていて、これをみてさらに気持ちが倍増です^^Thank you for sharing!

Re: 小豆Sweets

Junさん

コメントありがとうございます~。
ココナツホイップクリームは簡単でとっても美味しいのでぜひ作っていただきたい一品です♪
ココナツは南国のものでとっても陰性が強いので、あまり常用するものではないのですが、まあ夏ですし体をクールダウンさせてくれるのでいいですよね~。笑)
わかりました、寒くならないうちに小豆ホイップのレシピをアップしたいと思います!!
これからもよろしくお願いします♪


Thank You !

奈津子さん、私の器がブログに登場してる~!!
特に水まんじゅうとの相性はいい感じですね。
嬉しいな☆ ありがとう☆
この間は体調を崩し、ご迷惑をおかけしました。
ずいぶんよくなりました。 
明日のパイクラス第二回目も無事開催できそうです。
生花を買って、クラスに備えました~☆

Re: Thank You !

Kiyomiさん

こちらこそありがとうございます!Kiyomiさんの器は
クラスでいつも大活躍です。ちなみに水まんじゅうの型は
Kiyomiさん作のおちょこですよ~。
水まんじゅうとこの器の相性抜群ですよね!!
元気になられたようで良かったです。
今日のコラボクラスもよろしくお願いしますね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ