記事一覧

Soy milk(豆乳)

Soy milkはもうすでにアメリカでは市民権をえているようでどこのスーパーに行っても手に入る
ようになりました。
子供のときに紀文の豆乳を母に強制されて嫌々飲んでいたのを思うと、アメリカの豆乳は豆
臭さがなく、すごく飲み易いです。
とってもたくさんのブランドのSoymilkがありますが、私がいつも購入するのはこの2つ↓です。

DSCF1316.jpg


左側がVita Soy社のUnsweeted Soy milkでこれはまったく甘みが添加されていないものです。
調整豆乳は飲み易くするために甘みをCane Sugar(砂糖)でつけているものがほとんどですが
これには一切含まれていません。ほかのものよりも油分が多いみたいでとってもクリーミィなので
このSoymilkでラテをつくるととってもきれいなフォームができます!

右側がEden 社のSoymilkで甘みは穀物シロップでほのかにつけてありますが、砂糖は一切含まれていないのと、豆乳の消化を助けてくれる昆布エキスが添加してあるので、非常にバランスがいいです。またこのブランドのRice & Soyは豆乳と甘酒をブレンドして作られたもので、ほのかな甘酒の甘さがありお菓子作りに向いています。

本当にたくさんのブランドのSoymilkがありますから選ぶのが大変ですが、私はこの2本お奨めです!
スポンサーサイト

コメント

なつこさん、こんにちは。
なんだかなつこさんのブログは勉強になります。
うちはアンジェラには豆乳、ライスミルク、それからアーモンドのものを与えています。
ブランドは特にどこのものって決めていなくて買い物に行ったお店に置いてあるものを買っちゃっていますが。
甘酒が混ざったやつ、なんかおいしそう。

あ、そういえばこの間、ブラウンライスシロップを買ってきました。
まだ使ってみてないけれど、、、、
紅茶とかに入れても合う甘さですかね?
これから温かくなってきたらアイスティーを作って冷蔵庫に入れておこうかなと思っているんだけれどできればお砂糖は使いたくないので。アンジェラ、虫歯ができてきちゃっていて。

あら、かわいそう。。。

アンジェラちゃん、虫歯ができちゃったの?
痛いのかな?かわいそう。。。

はい、ブラウンライスシロップは紅茶にも合う甘さですよ。これもブランドによって多少甘さも違ってきますが、どれも穏やかな甘さです。

あ、あとね。ソイミルクもグルテンが入っているのがあるから気をつけてね。私が紹介した2つも実はBarley extraが入っていてこれは微量だけどグルテンが入っているって事らしいの。でもEdenのRice&Soyはグルテンフリーです。Soy milkのパッケージにGulten freeと書いてあるものがお薦めです♪

なるほど!!

豆乳の消化を、昆布が助けてくれるんだぁ。。
イイこと知りました!!
こんど、豆乳のレシピに昆布を入れてみようっと!!v-20

そうなのです。昆布は豆類の消化を助けてくれるのでお豆を炊くときは必ず昆布を1切れいれるといいですよん♪

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ