記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新年の祝い膳クラス

新年の祝い膳クラスではおせち仕様の料理を9品ご紹介しました。
おせちと言えば日持ちさせるためにお砂糖やお塩をたくさん使い、味付けがちょっと濃くてあまりたくさんたべれないのがちょっと残念ですよね。
冷蔵庫のなかった昔はお正月のお三が日まで保存しておくために味付けを濃くせざる終えなかったかもしれませんが、今はどこの家庭にも必ず冷蔵庫はありますから薄い味付けでも全然大丈夫ですし、その方が美味しく食べられますね♪


121810Natsuko-090_20101222110227.jpg
Photo by Ichiro
★紅白なます
 赤は魔除け、白は清浄を表します。また紅白の組み合わせは平和を願う縁起物です。
 今回はお砂糖の代わりにレーズンで甘みをつけた玄米酢とリンゴ酢をブレンドしたオレンジフレーバーの甘酢で和えました。オレンジゼストを加えたフルーティーでほんのり甘めの洋風なますです。お子様にも人気です!


121810Natsuko-031.jpg
121810Natsuko-101_20101222110150.jpg
Photo by Ichiro
★クリーミー栗きんとん 
 「金団」はその色から財産や富を得る縁起物とされています。
お芋をじっくりゆっくりとオーブンで焼くことで驚くほど甘くクリーミィになります。お砂糖無しでも十分美味しいきんとんに仕上がりましたよ。
 
121810Natsuko-099_20101222110352.jpg
Photo by Ichiro
★黒豆 
 一年中「まめ(まじめ)」に「まめ(健康的に」暮らせるようにとの願いが込められています。
 圧力鍋で炊く方法と一般の鍋で炊く方法の2種類でためしてみました。みてください、この艶!!!
ふっくらとしてまばゆいくらいに輝いています。去年はアメリカのオーガニックのブラックソイビーンズで作ってみたのですが、日本の黒豆とはほど遠いものでした。やはりお正月の黒豆は日本国産の黒豆に限りますね!

121810Natsuko-100_20101222110509.jpg
Photo by Ichiro
★黒豆の寒天 
 黒豆を煮たときにでる黒豆の煮汁で作る寒天です。黒豆エキスがたっぷりとでて美味しいだけでなく、高血圧抑制効果、コレステロール低下効果、ダイエットにも効果的でさらにはのどにも良い黒豆の煮汁。捨てるのはもったいないですよね。ぜひ美味しく頂きましょう♪

121810Natsuko-076_20101222110552.jpg
Photo by Ichiro
★田作り
 五穀豊穣の願いが込められた田作りはごまめともよばれますね。ごまめとは「五万米」と書きますが、かたくちいわしを田植えの肥料にしたところ米が五万票もとれたところから来ているようです。
甘く香ばしいローストカシューナッツが塩味の効いた田作りによくマッチしています。

121810Natsuko-094_20101222110646.jpg
Photo by Ichiro
★数の子風アマランサス
 数の子はたくさんの卵があるというところから子孫繁栄の願いが込められた一品です。今回はアマランサスという雑穀で数の子風に仕上げてみました。わかめの磯の香りとクルミのコクがしっかりとでているので、数の子にひけを取らないおいしさです。 

121810Natsuko-087_20101222110716.jpg
Photo by Ichiro
★自家製高野豆腐の松風
 自家製高野豆腐を醤油ベースのだし汁でマリネして、表面を軽くソテーしごまと青のりをつけたボリュームたっぷりの一品です。

121810Natsuko-077_20101222110800.jpg
Photo by Ichiro
★昆布巻き
 「よろこぶ」の語呂合わせから祝いのシーンに欠かせないのが昆布巻きです。こんぶ、油揚げ、にんじん、ごぼうを一度重ね煮したものを、昆布で巻いて柔らかくなるまで煮ました。重ね煮することで素材の持ち味がグーンとでてきてとってもおいしい昆布巻きになりました。

121810Natsuko-103_20101222110847.jpg
Photo by Ichiro
★ごぼうの養老煮
 ごぼうはしっかりと根を張って長生きするという意味があります。
 養老煮は梅干しとごぼうを土鍋でじっくりひたすら煮込みます。煮込めば煮込むほどにこれがごぼうかと思うくらい甘くてやらわかな養老煮に仕上がります。

ニュージャージーから参加してくださった邦子さんがご自身のブログでクラスのことを記事にしてくださいました。
邦子さんありがとうございました!

そして参加してくださいました皆様、ほんとうにありがとうございました。


年末はいろいろと忙しい時期ということもあっておせちなんて作る時間がないよ~って方も多いでしょう。最近ではスーパーやネット注文で容易に出来合いのおせちを手に入れることもできるようになりましたし、またおせちは特に食べなくても雑煮だけで十分です!という人もいらっしゃるでしょう。(私もOLで一人暮らしの時は そんな感じでしたね。笑)ですが、日本を離れて生活してみてはじめて日本の文化や食習慣がいかに自分に影響をもたらし、そして素晴らしいものだったかを感じます。
 ほんの数品でも自分でおせちを作り、食べて縁起をかついでこれからの一年が家族や自分やにとってハッピーで健康な一年になりますすように~って考える時間を持つのはとても良いことだと思います。
食は文化とも言いますが、「おせち」って私たち日本人の精神よって生まれ育まれてきたものだと思います。昔の人たちが大切にしてきてくれた日本の伝統文化である「おせち」後世にも残していきたいものですよね。
スポンサーサイト

コメント

No title

なつこさん、おせち料理のお料理教室、とっても勉強になりました!
年末にさっそく作ってみるつもりです。
いっぱいお話しできて、楽しかったです。
質問攻めですいません。、、。好奇心いっぱいなので。
機会があったらまた参加してみたいです。

Re: No title

くにこさん

こちらこそ、クラスに参加してくださいましてありがとうございました。
いろいろとお話できとっても楽しかったです♪
クラスにもまた機会がありましたらぜひ参加してくださいね!

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。