記事一覧

センチメンタルジャーニー

今年のサマーバケーションはマサチューセッツにあるクシインスティチュートで過ごしました。

クシインスティチュートはマサチューセッツ州とニューヨーク州のちょうど州境の
バークシャーマウンテンの山の中にあるマクロビオティックの学校です。
そもそも私が渡米を決意したきっかけになったのがこのクシインスティチュートで
私にとっては思い出の場所です。

クシインスティチュートの近くにあるのはジェネラルストアーという小さなコンビニ
が一件と郵便局のみで自然以外には何もないところです。
そこがまた良いところなのです♪

でも車で隣町までいくと、美術館やアウトレットモール、クリパルヨガセンターなどもあります。
IMG_3616.jpg
ノーマンロックウェル美術館

最後にクシに行ったのは8年前にいったきりでそのままになっていたのですが、
きよみさんから
「夏のクシインスティチュートは最高ですよ~、行きませんか?」
とお誘いを受けて、
「そういえばクシに行くのはいつも雪深い冬ばかりだったな~」
と思い今回再訪することにしました。

IMG_3618.jpg
360度見渡す限りの緑に覆われています。

IMG_3625.jpg
滞在したメインハウス

IMG_3627.jpg
裏庭にはスモモの木がありました。

IMG_3628.jpg
よもぎもワイルドに茂っています。

IMG_3630.jpg
食事はもちろんマクロビオティックです。

じつは旅行に行く前にファミリーリユニオンで私がごちそうを食べたせいか、
恵里香が前日から便秘をしてちょっと不機嫌でおりました。
でも、ディナーに出た葛野菜の煮汁を彼女に食べさせたところ
次の日はたくさんの大きなお便りがありました。
葛の効果がこんなに早く出るとは、やっぱり子供は反応が早いですね!


IMG_3652.jpg
大きな便りが出て超ハッピーです♪

2日目からは清美さんが企画されたツアーの方達とも合流してマスマス楽しくなりました。
IMG_3666.jpg
清美さんのおかげでエスコー先生の講義も拝聴することができました。

IMG_3669.jpg
澄んだ空気の中でのランチは最高!

クシのスタッフの方もほとんど入れ替わっていたり、町で唯一のジェネラル
ストアーも改装されて店主のおじさんも今は引退してフロリダに引っ越して
いたりと随分変わっていましたが、ベケットに流れる空気は8年前と同じで
心地よく、なんだかとても嬉しかったです。
そして、なにより嬉しかったのは8年前は一人で訪れたこの場所に
今回家族3人で来ることができたことでした。
恵里香にとっては初めての家族旅行でしたが彼女もとても楽しんでいるようでした。
クシインスティチュートは私にとって懐かしい場所でありまた新たな出発の場所となりました。

NYからも車で3~4時間のところですので、週末にリフレッシュするにはちょうど良い場所です。
マクロビオティックのプログラムに参加せず、宿泊のみでも大丈夫です。
R&R(リラックスアンドリニュー)として申し込めば食事もついて
一人1泊$75なのでかなりリーズナブルです。

清美さんご一行のクシ滞在記事はこちらです。

清美さんが秋か冬にはクシ再訪をまた企画されるそうですよ~。
私もぜひ参加したいと思います♪


スポンサーサイト

コメント

超ハッピーな写真!

先日はコーントルティーヤの質問に答えて頂きありがとうございました。エリカちゃん、ほんと可愛い!グレッグさんも「パパの顔」になってますね。ハッピーファミリーの顔に癒されました。

Re: 超ハッピーな写真!

竹やんさん

コメントありがとうございます~♪
そう、グレッグは良いパパをやってくれてますよー。
エリカにとってグレッグは一番お気に入りのおもちゃのようですよ。笑)

次回は!

ぜひ参加したいです!いつか訪れたいと思っていました☆
えりかちゃん幸せそうですね~~!お父さんも素敵な笑顔。
癒されました!

Re: 次回は!

まいこさん

次回の清美さんの企画にぜひ一緒に参加しましょう。
キッズにもフレンドリーですし、ファミリーで行ける
場所ですよ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ