記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

麹ワークショップ

こんにちは。

糀屋本店の女将で、こうじ屋ウーマンの浅利妙峰さんによる「糀(こうじ)ワークショップ」の日程がやっと決まりました。
多くの皆様から参加ご希望のメールを頂きましてありがとうございました。未だにすべての方へのメールのお返事が
できていなくて大変申し訳ございません!

先日の告知からさらに内容を詰めてまいりまして、このたび日本でも一大ブームとなった「塩糀」はもとより、
糀全般について学ぶ機会をご用意いたします。

塩糀って何?という方はこちらをご覧くださいませ。
日本では有名シェフもこぞって使っている「天然の旨味調味料」です。
http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&NR=1&v=GRtIdVXeV8Q
こちらは実際に塩糀の使い方を説明している動画です。
http://www.youtube.com/user/saikikoujiya

妙峰さんによる糀料理のご紹介もさることながら、生き方や子育てに至るまで幅広いお話が伺えそうなので、
今回は料理だけではなく、「糀について学ぶ2日間」にしたいと思っております。テーマを大きく2つに分けて、
糀にまつわる歴史や栄養面、効能、使い方といったお話を伺ったあと、実際に妙峰さんの糀レシピでつくった料理を
試食していただくというスタイルです。
両クラストも日本語クラスです。(非日本人対象クラスは別途に開催計画中です。)

試食していただく料理はできる限りローカル、オーガニックの食材を使いたいと思います。ご試食の内容は、
これから妙峰さんとスタッフの皆様とミーティングして決定したいと思っておりますので当日の
お楽しみということにさせていただきたいと思います♪



『子育てに活かせる、シンプルでおいしい糀(こうじ)料理のレッスン』
─5人の子どもを育てあげた、糀屋の女将に学ぶ─
糀の特性や効能を学びながら、簡単でおいしくなる糀料理のコツを教わります。
和洋中、どんな料理にも活かせるから、今夜のメインの一品や、明日のお弁当のおかず、
とっさの来客のもてなし料理に、と毎日がめまぐるしいお母さまたちの強い味方になってくれること間違いなしです。
また、働きながら5人のお子さんを見事に育てあげた母でもある浅利さんならではの子育て論から、
ご家庭でのお子さんとのつきあい方や、才能の伸ばし方、叱り方のヒントなどを伺います。
微生物が織り成す糀の世界から、独自の子育て論まで。
驚くなかれ、糀料理で毎日が見違えるように楽になります。

イベント詳細
日程: 7月7日(土) 1:30pm~3:30pm
場所: 15west 39th street 11F (bet 5&6 Ave)
定員;40名
参加費:$50 (塩糀のつくり方デモンストレーション、子育てに活かせる糀料理の試食)
講師: 浅利妙峰(糀屋本店女将、こうじ屋ウーマン)

※会場のスペースの関係上、基本的にお母様お一人のご参加でよろしくお願いいたします。どうしてもお子様同伴でなくては困る!という場合はご相談下さいませ。


『糀(こうじ)を身近に感じるワークショップ』

・ 糀を生活に取り入れると、食生活がどう変わるのか詳しく解説!
・ いつまでも若々しくいるために役立つ糀の使い方がわかる!
・ 見て学び、食べて納得!こうじ屋ウーマンと楽しい時間を過ごします!

【内容】
日本の食事には欠かせない醤油・味噌・酒・酢・みりんといった調味料を、陰ながら支えてきた「糀・麹」ですが、
その魅力が語られる場はほとんどなく、これまでは食卓を支える縁の下の力持ちとして息づいてきました。
ところが、塩糀の爆発的な人気により一躍脚光を浴びることとなり、その効能に多くの注目が集まっています。
なぜ、今、糀に人々は熱狂的なまでの視線を注ぐのでしょうか。大分県佐伯市で320年以上続く「糀屋本店」の
女将であり、糀を調味料として現代に普及させた立役者、こうじ屋ウーマンの浅利妙峰さんをお招きして、
簡単で美味しく、身体の内側から美しくなるために効果的な糀の魅力をわかりやすい切り口で知ることのできる
ワークショップです。

日程: 7月9日(月) 6:30pm~8:30pm
場所:15west 39th street 11F (bet 5&6 Ave)
定員;40名
参加費:$60(塩糀のつくり方デモンストレーション、ちょっとしたパーティにも使える糀料理の試食)
講師: 浅利妙峰(糀屋本店女将、こうじ屋ウーマン)


<プロフィール>
浅利妙峰(糀屋本店女将、こうじ屋ウーマン)?浅利妙峰(「糀屋本店」女将、こうじ屋ウーマン)
大分県佐伯市で元禄2年に創業し、300年以上麹・糀を作り続けている専門店、糀屋本店の長女として生まれ育つ、
こうじ屋ウーマン。3男2女の母。日本の発酵調味料の素となる麹・糀の活躍の場をもう一度家庭の台所に戻したいと
一念発起。温故知新の「甘糀」「塩糀」を使って、簡単にサッと出来て、グッと美味しい、糀レシピを考案、開発し、
料理講習会などで豊かな麹・糀文化を普及拡大する活動を行っている。
著書に「ひとさじで料亭の味!魔法の糀レシピ」(講談社)、「浅利妙峰が伝えるはじめての糀料理」(西日本新聞社)、
「糀屋本店の塩麹レシピ」(PHP研究所)がある。
URL:http://www.saikikoujiya.com/


お申し込みは hakkoanあっとgmail.com まで、
♥お名前
♥ご希望のワークショップ名
♥連絡のつくお電話番号
を明記の上お申し込みいただければうれしいです。

会場選びがなかなか難航してまして、実際の所まだ確定しておりませんが、マンハッタン内に会場を設けたいと思っています。
確定次第ご連絡させていただきます。
場所が決定いたしました!情報を下さいました皆様ありがとうございます。

先日の告知と内容と時間帯が少し変わってまいりましたので(本当に申し訳ございません)前回お申し込みいただいた方も今回の内容でもよろしければ、ご面倒ですが再度お申し込みのメールをhakkoanあっとgmail.com まで送っていただきますでしょうか?
(もちろん、先日仮予約いただきました皆様を優先にさせていただきます。)

皆様とお会いできますことを楽しみにしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。