記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スロークッカーで小豆かぼちゃ

明日の新月に備えてスロークッカーで小豆かぼちゃをつくりました。
スロークッカーを使えば小豆かぼちゃもとっても楽に作れますよ~。

小豆は腎臓の食薬で(形も腎臓ににてますよね!)利尿作用もあり、ごちそうが続きむくみがちになるパーティシーズンには摂りたい食品ですよね。
腎臓は女性ホルモンをつかさどる臓器なので、特に新月と満月の女性ホルモンが活発になる時期に小豆を食べて腎臓を養うことは婦人科系のトラブルの予防もできます♪

また、意外に知られてないのが小豆のビタミンC!
プロビタミンといって、体に入るとビタミンCの働きをしてくれる物質に変わり、このビタミンCにもかかわらず熱にも強く
腸内でも効率よく吸収されて美肌効果も期待できるそう!
しかもかぼちゃと煮るとその効果がなんと50倍にもなるそうです!!

IMG_9475.jpg
洗った小豆を2倍の水と1かけの昆布と一緒にスロークッカーに入れて待つこと3-4時間。
途中、さし水を2回くらいしました。

IMG_9478.jpg
指でつぶれるくらい柔らかくなったら、ちょっと干したカボチャを投入!

IMG_9485.jpg
カボチャが柔らかくなったら出来上がり♪ 干したことでカボチャの甘みも凝縮し、形くずれもしません。
味つけなくても、ほっこりした素朴なおいしさがありますが、
小豆はやっぱりしっかり甘いほうがさらに美味しいですので、
家族の分にはしっかりお砂糖も入れちゃいました。

IMG_9480.jpg
今回使ったお砂糖は創健社のさとうきび粗糖 
こちらはサトウキビを煮詰めただけのもので、未精製でありながらクセのようなものがなくまろやかで上品な味です。
日本の懐かしい~あんこがたべたい!
と思った時はこれおすすめです。

お正月の黒豆にも良さそうです♪

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

NATSUKO

Author:NATSUKO
日本で管理栄養士として働いたのち体調不調がきっかけでマクロビオティックに出会い、アメリカでマクロビオティック料理や健康法を学ぶ。日本の伝統的な発酵食品の素晴らしさを伝えたいという願いで「醗酵庵」を立ち上げる。現在は日本の伝統的な発酵食品をベースとした料理教室、食育ワークショップ、発酵食品ワークショップなども随時行っている。

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。